プロフィール

フォトアルバム

きらきら南永っ子

伊佐市の南玄関にある小学校で,平成14年に改築され,天体観測ドームを備えてます。

« プール掃除 27 | メイン | 入学生植樹会 29 »

不審者対応訓練 28

 3校時に,「不審者対応訓練」がありました。本日は,伊佐湧水警察署と伊佐湧水地区防犯協会よりお二人が来校され,子どもたちへの指導をしていただきました。

Sdsc_0003

 まずは,担当の先生より不審者に遭ったとき,自分の身を守るための合い言葉「いかのおすし:知らない人についていかない,他人の車にらない,おごえを出す,ぐ逃げる,何かあったらすぐらせるの一部をつなげたもの。」について学びました。

Sdsc_0012

Sdsc_0011

 この後,実際の場面を想定しながら3グループに分かれて実演してみました。

 ① まずは,下校時に道を尋ねられて…   Sdsc_0055

 口答で道を教えましたが,「連れて行ってほしい。」と不審者が近づいてきたので,2人分かれて110番の家へ駆け込みました。Sdsc_0058

 子ども110番の家では…

 ・ どんな事があったのか

 ・ 性別は,男性か女性のいずれか

 ・ どんな服装だったか 等      

  質問され,子どもたちは覚えていたことを答えることができました。

Sdsc_0065

② 次は,気分の悪い人に助けを求められて…Sdsc_0069

 二人は,しばらくの間どうしたらよいのか考え,立ち尽くしていましたが…

Sdsc_0070 子ども110番の家の人に,助けを求めることができました。

Sdsc_0072

Sdsc_0076

Sdsc_0087

③ 最後は,おうちの人が病院へ運ばれたので,一緒に行こうと話しかけられて…

Sdsc_0014

 すぐに,子ども110番の家へ駆け込み,不審者に対する情報を伝えることができました。

Sdsc_0016

Sdsc_0085

 実演が終わって,警察官の方からたくさんのことをご指導いただきました。

 ① 人間は,いざとなったら声が出なくなるので,普段から大きな声を出して,挨拶をしたりす      

  ることが大切。

 ② 110番の家が近くに無いときは,近くにいる大人の人に助けをもらうことが大切。

 ③ お家の人の身長や体型を知っておくと,不審者の身長や体型などを伝えやすくなる。

 ④ 「いかのおすし」をしっかり覚えておくと,いざと言うときに役に立つ。

Sdsc_0021 校長先生からは,

 ① 子どもだけで出かけるときは,防犯ブザーや笛などを持って外出することが,自分の命を守   

  ることになる。

 ② 子ども110番の家がなく,近くに大人の人がいないときは,近くにある家に駆け込んで助け

  を求めることが大切。

 ③ 今日の訓練の中で,相手に状況を伝えるのが難しい場面が見られたので,普段から自分の思

  いや考えを人に伝えることは大切。

 ④ 不審者に遭ったときは,すぐにお家の人に伝えて,警察にも連絡をするように。すぐ連絡し

  ないと,不審者を見つけにくくなる。 

Sdsc_0027

 今日学習しての子どもたちの感想は,

 「いざというとき声が出ないから,普段から大きな声であいさつをしたい。」

Sdsc_0096 「寄り道したりしないようにしたい。知らない人が声をかけてきたら,いざというときは,笛を

 鳴らしたい。」

Sdsc_0098

 「普段から大きな声を出していないと,いざというときに声が出ないので,普段から大きな声であいさつしたい。」

Sdsc_0103 全員,しっかりとした態度で自分の命を守る学習ができました。最後に,警察の方から「いかのおすし」の合い言葉が書かれた紙が入っているマスクを一人ずついただきました。伊佐湧水警察署の中村様,伊佐湧水地区防犯協会の大西様,本日はご指導ありがとうございました。

Sdsc_0111